岩雲雀」タグアーカイブ

お地蔵さんと静かな山頂(北岳その3)

Your ads will be inserted here by

Easy Plugin for AdSense.

Please go to the plugin admin page to
Paste your ad code OR
Suppress this ad slot.

小太郎尾根から北岳山頂へ向かう尾根歩きの眺めは、9年前の夏歩いた北アルプス表銀座ルート以来の絶景です、富士山、間近に見える甲斐駒ケ岳や仙丈ヶ岳や鳳凰三山、遠くに連なる中央アルプス(木曽山脈)や北アルプス(飛騨山脈)や八ケ岳。イワヒバリ(岩雲雀)?や花々も撮りながら1時間ほど歩きました。

正午すぎ、青く塗られた肩ノ小屋に到着。小屋の人たちはヘリ荷揚げへの対応で忙しそうに立ち回っていた。小屋近くでぼんやりと様子を眺めていたら、「お客さん、小石が飛んでくるぞ。あっちへ行って」と追い立てられた。当然の忠告なのですが、疲れからか少々むすっと来てしまった。とても寝不足だったため、本日は肩ノ小屋で打ち止めにし、登頂は明日にと考えていたが、急きょ方針を変更。昼食のおにぎりを急いで頬張り、力を振り絞って北岳山頂、その先の北岳山荘へと向かうことにした。この変更が今回の山行きを左右するキーポイントになるとはこの時思いも寄りませんでした。

午後1時過ぎ、北岳に登頂。登り始めてから7時間。私のほかに1人の若者と、手を合わせているお地蔵さんがいるだけで、とても静かな山頂でした。360度の全景を綴る筆力はとてもありません。

遠くに街が見えたので携帯電話が通じるだろうと思い、北岳山荘に予約の電話を掛けたのですが、まったく通じません。予約なしとなると、急がなくてはとの思いが募り、そそくさと下山し始めます。赤い屋根の北岳山荘までは300㍍弱の落差があり、急勾配でした。

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村