単独行」タグアーカイブ

風雨と雷鳴突き速攻下山(北岳その5)

Your ads will be inserted here by

Easy Plugin for AdSense.

Please go to the plugin admin page to
Paste your ad code OR
Suppress this ad slot.

北岳に登ってから1カ月以上が既に経過してますが、このエントリーが最後です。多分(^_^;)

午前5時より少し前、標高2900メートルの山荘を激しくたたく雨の音で目覚めました。窓際に陣取っていた布団からむっくり起き上がると窓の外は真っ白でした。出発前聞いた予報と裏腹な荒天に、寝ぼけた頭も真っ白です。朝食ものどをよく通りません。食堂の衛星テレビは列島各地で雷の恐れがあるといっています。大雪山系の遭難事故も大きく報道していましたが、強まる風雨と来るべき雷を突いてどう下山すればいいのか、自分のことで頭がいっぱいでした。

部屋に戻ると、雷鳴もとどろいてきました。当初は、今日中に下山するにはどうしようと悩んでいましたが、山荘にもう一泊してもいいかなと思えるようになってきたので、もう一寝入りすることにしました。

再び目が覚めると、雷雨は一時収まったようです。同室者はみな、出発準備を始めていました。私もそそくさとレインウエアを着込み、デジタル一眼レフカメラをビニール袋に入れ、ザックカバーを掛け、「お先に」と真っ先に部屋を出て午前7時45分ごろ出発。当初は、往路とは異なる左俣コースを短時間で下る予定だったのですが、残雪が凍って滑落の危険があると山荘の管理人さんらから言われ、往路をたどって、標高3193メートルの北岳山頂を再び通る長時間コースに泣く泣く変更せざるを得ませんでした。

出発して間もなく、肝心のキタダケソウを見ていないことに気付き、少し脇道に逸れた途端、風雨が強まり雷鳴が響いてきました。前日出合った雷鳥のひなのように這松の間へと避難しへたり込みました。雷鳴を聞きながら山荘に戻ろうかとしばらく迷っていると、後続の登山者が次々と通過していく姿が見えました。落ち着いて耳を澄ませば雷も激しいものでなく遠雷のようで、立ち上がりました。

再登頂の感慨にふけることなく北岳山頂をあっというまに通過し下りへ。時折強まる雨に打たれ、靴が浸水しながらも、肩ノ小屋、そして小太郎尾根分岐を過ぎ、取りあえず安全な樹林帯まで逃れることができました。強烈な下りの草すべりコースをたどり白根御池小屋で小休止。頂上周辺は大荒れだというのに、登ってくる多くの登山者とすれ違いました。憧れの銀竜草(ギンリョウソウ)が斜面にこっそり咲いているのを見つけ、疲れ切った気持ちを和らげてくれました。標高が下がるにつれ雨も小やみになってきました。

Your ads will be inserted here by

Easy Plugin for AdSense.

Please go to the plugin admin page to
Paste your ad code OR
Suppress this ad slot.

北岳からの下山途中、斜面で見かけた銀竜草

岩を抱く木の根

午後1時すぎ、広河原山荘に無事帰り着き、その1時間後、乗合タクシーで広河原を後にしました。車中から北岳の姿は見えませんでした。芦倉の駐車場で北岳山荘で作ってもらった弁当を食べ、温泉にも寄らず帰路に就きました。

雲に覆われる広河原キャンプ場

これまでの単独行はすべて日帰りで、山小屋泊まりやテント泊による登山は同僚らとのグループに限っていましたが、今回初めての山小屋泊まりの単独行となりました。北岳に登頂できた達成感はもちろんあるのですが、それよりも、「連日好天」との少し古い予報を信用しすぎて刻々と変わる予報のチェックを怠り、急転した山の天候におろおろしてしまったことへの反省の念が強い北岳登山でした。それから夏山は着替えを忘れずに\(__ )

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村

単独冬山デビュー!

Your ads will be inserted here by

Easy Plugin for AdSense.

Please go to the plugin admin page to
Paste your ad code OR
Suppress this ad slot.

昨年11月以来、2度目となる大菩薩は事実上の冬山初デビュー。雪山初心者向けとはいえ無謀にも単独で行きました。丸山峠分岐駐車場を21日朝7時に出発し、天候に恵まれたデビューとなりました

雪の道ははっきりしたトレースがついて堅く凍り、動物の足跡や糞あるも姿はなく静寂そのもの。木をたたき回り虫を探すキツツキを見つけてホッとさせられました。上日川峠あたりから雪深くなるとともに日当たり良くなり背中に汗もじわり。雪に埋もれたジムニーが駐まる富士見山荘からは、雲間に真っ白い雪を頂いて荘厳な富士山が見えました

大菩薩峠には10時20分ごろ到着。旧峠の避難小屋で食事を摂ろうと考え、すぐに出発しましたが、寒風すさまじく、冷たさで足の指がつり始めたため一時退却。介山荘わきの休憩小屋で食事を摂り一息。コンビニのおにぎりとカップ麺を食べ、水筒の水を飲もうとすると、中からなんとシャリシャリとした氷の塊が出てきました

オーバーズボンをはき、旧峠へと再挑戦しましたが、徹夜運転の疲れのせいか足指がまたつり始めました。午後3時までには駐車場に戻りたいと考え、これ以上進むのを断念。富士山や南アルプスを撮り納めて下山することにしました

福ちゃん荘でアイゼンも付け、凍結した道も滑らず快調に下山し駐車場には午後1時45分到着しました。山行き中、人に会ったのは下山途中にすれ違った男性計2人だけでした。下山後、大菩薩の湯で汗を流した後、睡魔と戦いながら帰宅しました(^◇^;)