冬の大菩薩その2

雷岩からの眺望を十分堪能した後は南西方向の大菩薩峠へと下っていきます。

未完の超長編小説「大菩薩峠」(中里介山著)の冒頭、机龍之介が巡礼の「老爺」を「ここへ出ろ」と呼びつけ、「あっちへ向け」と背中から真っ二つに理由もなく叩き切った峠。その峠は現在「賽ノ河原」と呼ばれています。今「大菩薩峠」とされるところより北に位置しています。賽ノ河原には今でこそ立派な避難小屋が建っていますが、龍之介が現れそうな不気味な雰囲気がないではありません。写真では小屋より左向こう側が武蔵、右手前側が甲斐です

賽ノ河原

避難小屋にお邪魔して昼食を摂った後、少しだけ上り返して現在の「大菩薩峠」へと向かいます

避難小屋

現在の「峠」には、中里介山の名を取った「介山荘」という山小屋が建っていて、隣にはトイレや休憩施設もあり自由に使うことができます。が、今回4度目の私はそそくさと通過し、下山を急ぐことにしました

介山荘遠景

下山コースの途中、「勝縁荘」と呼ばれていた旧山小屋があり、その奥隣の「三界庵」で中里介山は執筆したとされています。一般公開されていないため、おずおず近づいての撮影です

三界庵

40年ほど前、首相官邸襲撃訓練のため宿泊中の赤軍派53人が逮捕された「大菩薩峠事件」の舞台・福ちゃん荘前を過ぎ、長兵衛山荘のある上日川峠を経て一気に下降。いまでは閉鎖されてしまった「千石茶屋」に出ると、登山口はもうすぐ。が、芦倉沢に架かる橋を渡ったところで何かが足りません。というのも、これまで3度の登山で、ここに「地蔵茶屋」跡の廃屋があった記憶があるのですが、更地になっています。目を凝らすと、黒く焼けたものが散乱しています。焼け落ちてしまったのでしょうか?誰かご存じの方いません?

地蔵茶屋跡

出発から約7時間の午後3時半過ぎ、登山口に無事帰着。この後は、近くの日帰り温泉「大菩薩の湯」で汗を流しました。温泉を出て駐車場へ戻ると丁度、日が赤石山脈(俗称・南アルプス)の主峰・赤石岳へと沈むところ。夕焼けに浮かぶシルエット(左は聖岳、右は悪沢岳)が綺麗で「いつか行ってみたい」

赤石連峰夕焼け

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山・ハイキングへ

2 thoughts on “冬の大菩薩その2

  1. mijinco

    はじめまして、ぼちぼち山に登ったりして遊んでます。秋には、大菩薩にも遊びにいきました。今も雪は、積もっているんでしょうかね・・・。 大菩薩峠事件は、知りませんでした。そんなことが福ちゃん荘を舞台にあったとは・・・。今後ともヨロシクです。わたしのブログにも遊びにきてください・・・。

  2. 定食猫

    コメントありがとうございます
    私もボチボチのほぼ月一登山派です
    大菩薩の最新積雪状況は「福ちゃん荘」か「丸川荘」のホームページで確認できると思います
    福ちゃん荘の玄関には現在、皇太子がかつて登山途中に休憩したことを大々的に示す看板が誇らしげに掲げられています。例の事件を振り返ると本当に隔世の感があります
    こちらこそ宜しくお願いしますm(__)m

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください