ホーム > タグ > 関東ふれあい道

関東ふれあい道

仏頂山から高峯アタック(^_^;)

先日、栃木・益子町の雨巻山側からの登山口が見つからず登頂に失敗した高峯(標高519メートル)。今度は茨城・笠間市の仏頂山(標高430メートル)側から再挑戦し雪辱を果たしました(^_^;)

登り口は自宅から車で1時間もかからない楞厳(りょうごん)寺前。

楞厳寺

由緒ある寺だけに大きな駐車場も近くにありますが、登山者向けの小駐車場の方に車を止め、まずは仏頂山に向け出発。間もなく目にする境内の森には豊かな樹林が残り、この一帯は国の天然記念物「片庭ヒメハルゼミ」の生息地でもあります。その森に大きなモミの木を見つけました。

モミの木

仏頂山へは1時間弱で到着する短い行程なのですが、山頂手前の登山道は最大斜度28度もある木の階段が長く続きちょっとうんざりします。「関東ふれあい道」整備の一環として作られたもので、議論を呼んだようです。

急な階段道

仏頂山の山頂は木々に囲まれていて見通しがほとんどありません。ちょっと気の利いた標識を撮ってちょっと一服し「高峯」へ急ぎます。

仏頂山山頂の標識

高峯への途中、県境を結ぶ林道と登山道が交差する「奈良駄峠」に出ます。

奈良駄峠

茨城側は「稲田の御影石」の石切場になっていて、ざっくりと地肌が遠くまで切り取られています。ここは昔ながらの石切場で、石を運び出すため、今のJR水戸線稲田駅からこの峠まで人力トロッコの「稲田人車軌道」が一時期敷かれていたというのですから驚きです(O_O)。枕木やレールなど痕跡を探してみましたが見当たりませんでした(^_^;)

御影石の石切場

出発から2時間あまりで目標の「高峯」に登頂しました。

高峯山頂

この山頂からの眺めも捨てたものではないのですが、この先に展望台があるとの案内があり、そそくさと向かいます。

ほどなく、今も使われているのかは不明ですが、木々を払ったグライダー発着場とみられる大きな広場に出ました。広場は南に開けていて、ほぼ180度のパノラマの中に加波山や筑波山が大きく控えていて絶景です。階段道に苦労したことなど忘れて、昼食をたべながらゆっくり景色を堪能しました。ちなみに写真に写る地域は「桜川市」で、世阿弥の謡曲「桜川」の舞台となったサクラもあります

グライダー発着場から遠景

グライダー発着場から近景

パノラマ写真も合成してみました。

高峯からのパノラマ

昼食を済ませたら、楞厳寺へと復路をたどります。奈良駄峠で再び周辺探索を試みたところ、栃木・茂木側の林道にトロッコではなく走り屋の車が乗り捨てられていました。こんな所までよく来られてものだと変に感心していまいました。

奈良駄峠の廃車

続いて仏頂山で一服していると、頭上の梢に鳥がざわめく音。レンズを向けて口笛を吹くと猛禽?が逃げていきました。写真はブレぼけです(^_^;)

仏頂山の猛禽

ではこの辺で(^◇^;)/~~~ツカレタ

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山・ハイキングへ

Home > タグ > 関東ふれあい道

定食猫のつぶやき
定食猫@tumblr
    http://matuhiro27.tumblr.com/post/120441108331http://matuhiro27.tumblr.com/post/115036338521http://matuhiro27.tumblr.com/post/88276815966http://matuhiro27.tumblr.com/post/80979700999http://matuhiro27.tumblr.com/post/77991449091http://matuhiro27.tumblr.com/post/77353708764

Return to page top