ホーム > タグ > 那珂川

那珂川

久慈川から日立港へ

涸沼、大洗&那珂川サイクリングの次は3日後、少し北に上って久慈川&日立港へ。強風の中、5時間余をかけ約67キロの行程を走りました。

最初の久慈川では菜の花がお出迎え。久慈川は茨城の最高峰・八溝山を源流域とする一級河川で、中流域は鮎の釣り場として有名です。

菜の花

当初はここまでで引き返そうと考えていたのですが、「久慈川サイクリング道」との表示に計画を変更し、下流へ。追い風もあり、あっという間に河口の日立港に到着。河口の向こうには、国内の商用原発の先駆け「東海原発」も見えます。

久慈川河口

太平洋へ突き出す防波堤をずんずん進むと、青空に映える真っ白い南防波堤灯台。この向かいの東防波堤では02年12月、北朝鮮の貨物船チルソン号が座礁し油が流失し大騒ぎ。その面影は今はもうありません。

日立港灯台

灯台下には、大小のヒトデの遺骸が折り重なって干からびていました。

海星

日立港は、日立製作所の重機輸出など専ら貨物のための港です。最近高騰しているという鉄くず類の山もかいま見えました。

日立港

防波堤上に砕け飛んだ消波ブロック(商品名「テトラポット」)の破片。「消波」などと名付けた塊を海中に並べる人間のこざかしさを笑うような波の力のもの凄さに驚きです。

消波ブロックの欠片

にほんブログ村 自転車ブログ クロスバイクへ

新調自転車で初サイクリング

やっと取れた平日の連休で春山の那須岳に挑戦しようと考えていましたが、山の天気予報があまり芳しくないし寝坊もしてしまい登山は断念しました。

代わりに、3カ月前に購入しながら通勤と近所徘徊にしか使っていなかったルイガノTR-LITEで少しばかり遠距離のサイクリングに初挑戦しました。午前10時過ぎに出発し8時間弱をかけて約85キロを走りました。

まずは、自宅から西へ向かい、1年前に郊外に開業したイオン系ショッピンセンターを遠巻きに見学。威圧的なその巨大さに気分が悪くなる(東京のビル群も非人間的で苦手です)とともに、周辺の商店の寂れ具合を見て回りました。

続いては、東へ取って返し汽水湖の「涸沼」。この湖畔「親沢」から見ることができる、夕陽が筑波山に沈む夕暮れはとても綺麗で、カメラを携えて車でちょくちょく来るところです。この日、湖畔に到着したのは昼過ぎ。雲間から差す光だけでなく風も春です。

涸沼と自転車

ここからは自転車専用道もだどりながら、さらに東へ向かい太平洋を望む大洗へ。軽めの朝飯だったため、空腹感でヘロヘロ状態になり四苦八苦。午後3時過ぎ、海鮮料理を食べさせてくれる、ちょっと有名なお店に滑り込み、巨大かき揚げと巨大わかめ味噌汁の一番安い定食をかき込んで生き返った心地。満腹感に浸りながら周辺海岸を散策しました。

太平洋とベンチ

その後は海岸道路に沿って北上し、那珂川の河口に到着。その河口部にかかる海門橋を渡り、那珂川左岸沿いの道路を探しながら西へとひた走り。風も穏やかになり、夕陽に赤くなった空を川面に映すばかりです。

那珂川のハープ橋

水戸市内に入ると再び自転車専用道が現れ、仕事帰りのいらいらマイカーラッシュに命の危険をほとんど感じることなく走ることができることは幸いです。このまま那珂川に沿ってずっとずっとさかのぼり続ければ、この日登山を断念した那須岳にたどり着けます。が、お尻が痛みは増してきたことだし、お腹もまた減ってきたので途中の水戸でお仕舞いです(^_^;)

自転車道と常磐線

にほんブログ村 自転車ブログ クロスバイクへ

Home > タグ > 那珂川

定食猫のつぶやき
定食猫@tumblr
    http://matuhiro27.tumblr.com/post/120441108331http://matuhiro27.tumblr.com/post/115036338521http://matuhiro27.tumblr.com/post/88276815966http://matuhiro27.tumblr.com/post/80979700999http://matuhiro27.tumblr.com/post/77991449091http://matuhiro27.tumblr.com/post/77353708764

Return to page top